主任司祭の紹介

マルコ・ターディフ神父

ようこそ大船教会へ

 

誰もが幸せになりたいと考えるでしょう。でも多くの人は、幸せになれるかどうかはその人の運に左右されると思っています。そして、それが人生だと思っています。

 

ですが、そう思いながらも、様々なことを問いかけます;

人生の意味とはなんですか。どう生きたらいいですか。どうしてこんなに苦しまなければならないですか。本物の愛は見つけられますか。人間は死んだらどうなりますか。

 

主なる神は人間を救うためにキリストを遣わされました。キリストはすべての人の心を照らして、問いかけに答えて、本当の幸せに導くために来られました。カトリック教会はキリストの恵みをできるだけ多くの人と分かち合おうとしています。

 

どうぞご遠慮なく教会に立ち寄って下さい。教会は昼間はいつでも開いています。ひとやすみやひと時のお祈りにどうぞ。キリスト教を学ぶ機会も用意しています。

 

経歴

マルコ・ターディフ(Mark Tardiff)

1954年 米国ミシガン州デトロイト市に生まれる。8人兄弟の三男で、にぎやかな家庭で育って今は甥と姪が26人いる。
1980年 宣教師としてカトリック司祭に叙階される。
1987年 初めて日本に来る。2年間の勉強を経て神奈川県の厚木教会、兵庫県の加古川教会、佐賀県の佐賀教会に勤める。
1998年 日本を離れる。先ずアメリカで後はイタリアで宣教会の仕事をする。
2013年

再び日本に来る。翌年から戸塚教会・原宿教会の主任司祭に着任。

2016年

大船教会の主任司祭に着任。

 


主任神父のおはなし

大船教会広報誌「おとずれ」に掲載された主任神父のお話を紹介します。

「ともに祈り、ともに歩もう」

1月の教会委員会で今年の大船教会のテーマについての話がありましたが、結局「ともに祈り、ともに歩もう」を引き続いてテーマに決めました。テーマが形だけのものにならないために、目標を掲げて道しるべを示すようなものにする必要があります。それなら度々変えるものではなく、深めていくものの方が効果的です。

 

続きを読む

「言(ことば)は肉となって、私たちの間に宿られた」

この大船教会の歴史をちょっと読んでみたら聖堂が何回か建て直されたことがわかります。ここは埋め立て地だから時間が経ったら建物は沈んでひびが入ったり傷んだりしました。それを受けて20年ぐらい前に建て直された時、まず石の基盤まで杭を打ってその上に聖堂を建てたから建物はまだ大丈夫です。

 

続きを読む

「微力ではありますが」

 教皇様の日本司牧的訪問が無事に終わりました。とてもびっしりとした日程で教皇様の体の調子を心配させるぐらいでした。東京ドームのごミサの説教で教皇様は日本司教団が考えたテーマに沿って環境と人間の尊厳を守る大切さについて話されました。

 

続きを読む

「兄弟たちを力づけてやりなさい」

教皇様の訪日の日はいよいよ近づいてきました。この訪問の意味を理解する為には教皇様の使命と役割を念頭に置く必要があります。キリストが最初の教皇聖ペトロに「あなたに天の国の鍵を授ける」というマタイ16章の箇所はよく知られています。この箇所は教皇様の権限の根拠を示していますが、その使命はむしろ聖ルカが伝えている場面にもっとはっきり示されていると思います。

 

続きを読む

「あなたに、話しがある」

ご存知のように、今年の11月に教皇フランシスコは日本を訪問します。38年ぶりで2回目の教皇訪問になりますが、ローマまで行かれない方の為に良い機会になると思います。東京ドームのミサに参加できない方でもインターネット中継で見られるから、訪問の恵みに与って教皇様の日本教会に対するメッセージを聞くことができます。訪問に向かって一つの準備として8月号の「毎日祈り隊」ニュースで書いたことを、この度これを読むすべての方に呼びかけます「教皇様の訪問を通して日本の教会が福音宣教の為の豊かな知恵と力を頂きますように、皆さんに祈って頂ければと思います。」

 

続きを読む

「キリスト者の終活」

9月に入ったらもうすぐ敬老の日です。アメリカではこのような祝いがありませんが、とても有意義なものだと思います。やはり私たちは人生の先輩たちから沢山のものを受け継いでいます。もし平和な日本に暮らせるなら、それは先輩たちのお陰です。年を取った親に対しては尚更のことです。

続きを読む

「主日なしでできません」

キリストの復活の日に基づいて、教会の始めからキリスト者は毎日曜日に集まって、感謝の祭儀を執り行ってきました。その為に日曜日は「主の日」すなわち「主日」と呼ばれるようになりました。

続きを読む

「罪の赦しと花咲く愛」

「子を持って知る親の恩」という日本の諺がありますが、確かにほとんどの人は自分が親になった時初めて、自分の親のありがたさがわかるようになります。私には子を持つ経験がありませんが、去年5月、園便りで母のありがたさをわかったことについてこう書きました。

続きを読む

「あらゆる国民、種族、民族、言葉の違う民の中から」

ひと昔前、別の教会にいた時、ある婦人に会いました。彼女は何か心を満たすものを求めていました。そして自分が日本人だからキリスト教みたいな西洋の宗教は自分に関係ないと思って、色々な仏教の宗派の寺などを訪ねました。ところが、どこに行っても自分が求めていたようなものを見つけられませんでした。やがてこだわりを捨てて教会を訪ねました。しばらくしたらすごい恵みを頂いて、それは「棚からぼたもち」のようなものだったと言いました。

 

続きを読む

「ご復活祭おめでとうございます!」

先月こう書きました。「人間が何を求めているかによってその永遠の状態が決まります。自分の最後を心に留める人は自然に主を求めるように促されます。」それは回心についての話でしたが、やはり自分の最後を心に留めない人はキリストの復活の意味もわかりません。15です。突然「15」と言われたら皆さんはわからないでしょう。でももしその前に誰かが私に「8足す7は何ですか」と聞いたとしたら「15です」とちゃんとわかります。それと同じように「死」は質問です。ご復活がその答えです。だから質問を意識しない人はその答えもわかりません。 

 

続きを読む

「死ぬまでの回心の歩み」

灰の水曜日に司祭が頭に灰を掛ける時、それに伴う言葉の選択があります。「回心して福音を信じなさい」または「あなたは塵であり、塵に帰って行くのです」と唱えます。今年、私は敢えて二番目の言葉を選びました。暗い感じの言葉かも知れませんが、大切な教えがあります。ある時、死について話していたところで、自分が死について考えたことがない、しかも考えたくない、と言った人もいました。その人だけではなく、考えないようにしている人は少なくないと思います。

 

続きを読む

「私たちの心は皆、あなた様の心と同じでございます。」

今年も大船教会のテーマを「ともに祈り、ともに歩もう」にしています。でもやはり私たちはただ小教区として信仰の道を歩んでいるのではなく、むしろ日本の教会全体の中で歩んでいます。その為にも先月のおとずれに二十六聖人について書きました。ところで、ご存知のようにクリスチャン時代の日本の教会の信仰の歩みは迫害で終わった訳ではありません。3月に迎える「日本の信徒発見の聖母」の祝いはその事実を思い起こします。当事者のプティジャン神父様はその場面について宣教団長に報告しました。

続きを読む

「二十六聖人の祝いに当たって」

2月5日(火)に二十六聖人の祝いを迎えます。12月に京都で逮捕されて、連行されて2ヶ月ぐらいかけて長崎までの冬の道を歩かされたことは何よりの受難でした。その長崎での殉教を目撃した人の記録はまだ残っています。

続きを読む

短期キリスト教講座のご案内

「不幸になりたい」と思う人はまずいないでしょう。例外なく、すべての人は幸せを求めて生きています。でも「幸せとは何ですか」とか「どうやって幸せになれますか」とか聞かれたら答えに困ってしまう人は少なくありません。幸せとは一生涯かけて探求するものなので、簡単に答えられないのです。

 

キリスト教の思想家たちは何世紀にもわたって「真の幸せ」について考え、色々な深い洞察を書き残しました。しかし、その洞察を読むだけでは物足りないでしょう。むしろ、自分が幸せを求める心の旅に出かけなければ始まりません。この講座で、完全な答えをすぐに出せませんが、彼ら思想家を案内者にして、受講者が心の旅に出かける手助けになればと願っています。

 

参加をご希望の方は、下記のご案内をお読みいただき、お申し込みください。

 

続きを読む

「民全体に与えられる大きな喜びを告げる」

クリスマスおめでとうございます!

 

教会は大きな喜びをもってキリストの誕生を記念して祝っています。いつもより主なる神を賛美してその言い尽くせない愛を感謝して歌っています。これは驚嘆すべき交歓です。神であるキリストが人間となって、私たち人間に神の命を分け与えました。だから教会は喜び祝っています。

続きを読む

「キリストが来られるのを待ち望んでいます」

待降節は救いの恵みを感謝して、その完成に与るように心を清めて待ち望む季節です。聖パウロが説明しています。

続きを読む

「死を迎える時も祈ってください」

私は司祭として何人かの人の最期に携わったことがあります。末期癌を患っている、印象的な二人に最近出会いました。死は怖くないと言った一人の方に赦しの秘跡、塗油の秘跡、そしてご聖体を授けたら「これで安心して逝けます」と言いました。同じように三つの秘跡を授けたもう一人の方は、どれほど人生を通して頂いた数々の恵みを感謝しているか、またどれほど天国を楽しみにしているかを話していました。この二人の態度に感心しました。私も死を迎える時にそのような心になれば幸いだと思います。

続きを読む

「キリストが教会に与えてくださった助け」

1862年にサレジオ会の創立者である聖ドンボスコは予言的な夢を見ました。

続きを読む

「御言葉を受け入れなさい」

先月は御聖体について書きましたが、教会の信仰において御聖体を神の御言葉から切り離すことができません。御ミサは二部からできています。

続きを読む

「天から降ってきた生きたパン」

主日のミサの聖書朗読は3年間のサイクルになっていますが、それぞれの年に一つの福音書が主に読まれています。A年はマタイ、B年はマルコ、C年はルカ。(ヨハネによる福音は主に毎年の四旬節と復活節に読まれています。)

続きを読む